前へ
次へ

外構工事と内装工事の共通点

外構工事は家の建物本体以外の部分の工事を行うことを指し、エクステリア工事とも呼ばれます。ちなみに内装工事のことはインテリア工事と呼び、外側の工事と全く別物であることを分かるように区別しています。外構工事には実に多種多様な種類がありますが、一般的に多いものとしては次のような工事が挙げられます。門柱や門扉を新たに設置したり、駐車場(カーポート)を設置するなどは依頼頻度の高い工事です。また敷地の境界線に塀や垣根でラインを明確にしたり、目隠し目的でフェンスを設置するケースも主たる工事となっています。その他にもウッドデッキの設置や庭に創るガーデンルームの構造物を設置するなど、工事の作業は多岐に亘ります。施工にあたっては外構デザインのプラン設計や基礎工事、土留め工事にブロック積みといった多くのものも含まれます。外構工事も内装工事と同様、出来上がったときにイメージと違っていたということになれば大変です。そのためしっかりとした外構工事を手掛ける企業では、綿密な相談と明確な見積もりを提示してから工事に着手するようにしています。

Page Top